審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、歯を本来の姿にする見た目の美しさを求めた歯科治療です。
歯並びや白い歯が綺麗に整えば、顎のラインもスッキリして輪郭や表情も変わります。
口元を隠して笑う癖がなくなり、日常生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。
もちろん、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさやコンプレックスを解消するだけではありません。いつまでも健康的な歯を保つためにも、興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

ホワイトニングとは

白い歯を望まれる方が近年非常に多くなってきています。
特に歯の表面に付着したステインといわれる汚れ(茶渋やタバコのヤニ)を「エアーフロー」という器械できれいに除去します。
また、歯の内部の着色に対しては「ホームブリーチ法」と「オフィスブリーチ法」を使い分けて漂白を行っています。

こんな方におすすめ

  • 加齢による黄ばみを白くしたい方
  • 先天的に歯が黄色い方
  • 日常生活による着色を白くしたい方
  • 今の色よりさらに白くしたい方

オフィスブリーチ法

ホワイトニング・オフィスブリーチ法とは

この方法は歯科医院で、歯の色素を分解する薬剤(35%程度の過酸化水素水)を歯の表面に塗り、レーザー照射をして歯を白くする方法です。わずか1時間程度でホワイトニング効果を実感できます。すべての施術を歯科医院で行います。

ホワイトニング・オフィスブリーチ法の流れ

1.検査

ホワイトニングが出来るかどうか口の中を検査し、歯の色の診断や撮影を行います。
※虫歯の治療などの必要がある場合は、まず最初に治療を行います。

2.歯の汚れを取る

PMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)により、ブラッシングでは取れないような歯の汚れや歯石を取り除きます。ください

3.歯の周辺を保護する

歯の周辺を傷つけないように、しっかり保護します。

4.ホワイトニング開始

専用の液を歯に塗り、レーザーで照らし、再度歯の表面を磨きます。

5.ホワイトニング完了

ホワイトニング完了後の歯の色の診断や撮影を行います。

ホワイトニング・オフィスブリーチ法の注意点

人によっては、ホワイトニングの施術中に歯がしみる場合がありますが、治療終了後は痛みはなくなります。
回数や治療期間には、個人差があります。希望する白さに1回のホワイトニングでなる方もいれば、数回のホワイトニングが必要な方もいます。

1度白くなった歯は永久に白いままではありません。歯の白さを保つために、定期的に半年に一度は、歯科医院でのメインテナンスを受けましょう。
オフィスブリーチ法では人工歯や、かぶせた歯を白くすることはできません。

ホームブリーチ法

ホワイトニング・ホームブリーチ法とは

ホワイトニング・ホームブリーチ法とは、歯科医師の指示のもと、患者さんが自宅で寝ている間に、歯を表面から漂白する方法です。
歯科医院で、個人用のマウスピースを作成し、マウスピースを作り、ご家庭でそのマウスピースにホワイトニングジェルを流し込み、毎日2時間程度歯に装着します。自宅でできる処置なので、比較的簡便なのが特徴です。

ホワイトニング・ホームブリーチ法の流れ

1.検査

ホワイトニングが出来るかどうか検査し、歯の色の診断や撮影を行います。

2.マウスピースの作成

歯科医院で、専用のマウスピースを作ります。

3.自宅で行う

専用のホワイトニング材をマウスピースに入れ、毎日決められた時間に装着します。